ここから本文です

<映画興行成績>「君の名は。」がV7 累計興収は145億を突破

まんたんウェブ 10/12(水) 20:30配信

 11日に発表された8、9日の映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)によると、劇場版アニメ「秒速5センチメートル」(2007年)などを手がけた新海誠監督の約3年ぶりの新作「君の名は。」が7週連続で首位を獲得した。動員数は約51万3000人で、興行収入は約7億円と好調を維持。10日までの累計興行収入は145億6000万円を突破している。

【写真特集】話題の「君の名は。」の名場面 感動、驚きも

 2位は初登場作品で、米俳優マット・デイモンさん主演の人気シリーズの“復活作”となる「ジェイソン・ボーン」(ポール・グリーングラス監督)がランクイン。動員数は約24万7000人、興行収入は約3億4500万円だった。3位も初登場で、「EXILE TRIBE」によるプロジェクト「HiGH&LOW」の映画第2弾「HiGH&LOW THE RED RAIN」(山口雄大監督)が入った。約22万4000人を動員し、興行収入は約2億9800万円だった。

 このほか初登場作品では、5位に俳優の中井貴一さんの主演で、女優の長澤まさみさんが“勘違い女子アナ”を演じている話題作「グッドモーニングショー」(君塚良一監督)がランクインしている。

 1位 君の名は。

 2位 ジェイソン・ボーン

 3位 HiGH&LOW THE RED RAIN

 4位 聲の形

 5位 グッドモーニングショー

 6位 ハドソン川の奇跡

 7位 SCOOP!

 8位 怒り

 9位 闇金ウシジマくん Part3

 10位 シン・ゴジラ

最終更新:10/12(水) 20:30

まんたんウェブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]