ここから本文です

細田守、行定勲、堤大介ら登壇のセミナーを東京国際映画祭で実施

映画ナタリー 10/12(水) 12:02配信

10月25日から11月3日にかけて開催される第29回東京国際映画祭にて、映画人によるセミナーとシンポジウムが実施される。

【この記事の関連画像をもっと見る】

10月28日と29日には、「映画監督 細田守の世界」と銘打ったセミナーを実施。28日には、2015年にNHK総合にて放送された「プロフェッショナル 仕事の流儀 アニメーション映画監督 細田守の仕事 “希望を灯す、魂の映画”」を上映し、細田守が登壇して海外プレスプログラマーとのトークセッションを行う。また29日には、細田とアニメーション監督の堤大介が対談。堤の監督作「ダム・キーパー」「ムーム」の上映も実施される。

10月27日には、26日に同映画祭でワールドプレミア上映されるオムニバス映画「アジア三面鏡2016:リフレクションズ」のシンポジウムを開催。監督の行定勲、ブリランテ・メンドーサ、ソト・クォーリーカーが登壇する。当日は本作のメイキング映像の上映を交えながら、行定たちが作品の舞台裏について語る予定だ。

そして10月26日には、「インドネシア未来図~女性映画人は語る」と題したシンポジウムを実施。インドネシア映画の特集「国際交流基金アジアセンターpresents『CROSSCUT ASIA #03 カラフル!インドネシア』」にて上映される作品の監督であるカミラ・アンディニ、ニア・ディナタ、モーリー・スリヤ、プロデューサーのメイスク・タウリシアがゲストとして登場する。

映画監督 細田守の世界
プロフェッショナル 仕事の流儀 アニメーション映画監督 細田守の仕事 “希望を灯す、魂の映画”
2016年10月28日(金)東京都 六本木アカデミーヒルズ オーディトリアム
開演 19:00~
料金:無料
<ゲスト>
細田守ほか
※事前申し込み(抽選制)。10月16日(日)23:59締切

細田守×堤大介 スペシャルトーク&「ダム・キーパー」「ムーム」上映
2016年10月29日(土)東京都 六本木アカデミーヒルズ タワーホール
開演 16:00~
料金:無料
<ゲスト>
細田守 / 堤大介
※事前申し込み(抽選制)。10月16日(日)23:59締切

国際共同制作の舞台裏─「アジア三面鏡」シンポジウム
2016年10月27日(木)東京都 六本木アカデミーヒルズ オーディトリアム
開場 18:45 / 開演 19:00
料金:無料
<ゲスト>
行定勲 / ブリランテ・メンドーサ / ソト・クォーリーカー
※事前申し込み。10月20日(木)18:00締切

シンポジウム「インドネシア未来図~女性映画人は語る」
2016年10月26日(水)東京都 TOHOシネマズ 六本木ヒルズ スクリーン1
開演 13:50~
<ゲスト>
カミラ・アンディニ(「ディアナを見つめて」監督)/ ニア・ディナタ(「三人姉妹」監督)/ メイスク・タウリシア(「ディアナを見つめて」「舟の上、だれかの妻、だれかの夫」プロデューサー)/ モーリー・スリヤ(「フィクション。」監督)
※「三人姉妹」上映およびQ&A後に開催
※座席に余裕がある場合のみシンポジウムからの無料参加可

最終更新:10/12(水) 12:02

映画ナタリー

なぜ今? 首相主導の働き方改革