ここから本文です

フォレスト・ウィテカー、マーベル「ブラック・パンサー」に参戦

映画.com 10/12(水) 19:30配信

 [映画.com ニュース] オスカー俳優のフォレスト・ウィテカー(「ラストキング・オブ・スコットランド」)が、マーベル・スタジオの新作映画「ブラック・パンサー(原題)」に参戦すると、米バラエティが報じた。

 ライアン・クーグラー監督、チャドウィック・ボーズマン主演の同作は、アフリカの小国ワカンダの王にして超人的な戦士ブラックパンサーことティ・チャラの戦いを描く。ウィテカーがワカンダの年長の政治家ズリ(Zuri)を演じるほか、英俳優ダニエル・カルーヤ(「ボーダーライン」)がティ・チャラの側近にキャスティングされ、「シビル・ウォー キャプテン・アメリカ」でブラックパンサーの親衛隊ドーラ・ミラージュの一員を演じた、ウガンダ出身の女優フローレンス・カスンバのカムバックも決定した。

 米Colliderが入手したオフィシャルのあらすじでは、「2人の敵が一緒になってやってきたことでリーダーシップを脅かされたブラックパンサーが、CIAとドーラ・ミラージュの協力を得て、敵を打ち負かそうとする」という内容のようだ。「フルートベール駅で」「クリード チャンプを継ぐ男」でクーグラー監督とタッグを組んだマイケル・B・ジョーダンがメインの悪役キルモンガー、新人ウィンストン・デュークがもう1人の悪役マンエイプを演じるほか、「アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン」の商人ユリシーズ・クロー役のアンディ・サーキスの出演も報じられている。

 ウィテカーの最近の出演作では、「スター・ウォーズ」シリーズのアナザーストーリーを描く「ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー」が12月16日、ドゥニ・ビルヌーブ監督のSFドラマ「メッセージ」が17年5月に全国公開。「ブラック・パンサー」は18年2月16日全米公開予定。

最終更新:10/12(水) 19:30

映画.com

なぜ今? 首相主導の働き方改革