ここから本文です

日本ハム大谷「3番・投手」DH解除!CS初戦でいきなり「リアル二刀流」

デイリースポーツ 10/12(水) 6:04配信

 「パCSファイナルS・第1戦、日本ハム-ソフトバンク」(12日、札幌ドーム)

 日本ハムの大谷翔平投手(22)は11日、先発する12日のCSファイナルS第1戦に向け札幌ドームで最終調整を行った。第2戦以降を考えず、強打のソフトバンク打線に魂を込めた投球をすると宣言。指名打者制を解除し「3番・投手」での出場の可能性のある二刀流が、勝利へ導く。

【写真】日本ハムに内紛?中田翔に腕を掴まれ大谷が直立不動に…

 決戦への準備は整った。大谷にとっては初めて優勝チームとして迎えるポストシーズン。ブルペンでの投球練習後、慣れ親しんでいるグラウンドでランニングを行い、全て完了した。「すごい楽しみです。時間は十分にあったのでしっかり抑えられれば」。優勝を決めた9月28日・西武戦以来のマウンドへ、入念な調整ができたこともあり、表情には自信がみなぎっていた。

 初戦の重要性は十分、理解している。優勝チームに与えられる1勝のアドバンテージがあり、勝てば2勝となる。それだけに「あした(の初戦)のことしか考えていない。まず1勝して勢いに乗れるように。勝てば何でもいい。自分に勝ちが付くとか関係ない。必ず試合を作ることが大事」。第2戦以降も野手出場の可能性がある中、まずは初戦のみに集中する覚悟だ。

 今季ソフトバンク戦は4試合に先発し、2勝0敗。防御率1・26も見下ろす気はない。チャレンジャー精神で、ソフトバンク打線に立ち向かう。柳田が戦列復帰も「そこさえ抑えられれば勝てるというものでもない」と全打者に集中する。

 今季リアル二刀流で7戦7勝。指名打者解除プランもあるが「まだ分からないけど、出たらバットで(打点を)稼ぎたい」と決意。投打で勝利に導く準備はできている。

最終更新:10/12(水) 8:00

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]