ここから本文です

【特別映像】ゾーイ&ザッカリー『スター・トレック』おしどりカップルがまさかの破局!?

cinemacafe.net 10/12(水) 19:00配信

『ワイルド・スピード』シリーズのジャスティン・リン監督と、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のJ・J・エイブラムスが初タッグを組んだ『スター・トレック BEYOND』。この度、本作からちょっぴり切ない本編映像がシネマカフェに到着した。

【画像】『スター・トレック』ゾーイ&ザッカリー

未知の星に不時着した、宇宙船救出ミッションに出発したエンタープライズ号。このミッションを最後にして、キャプテン・カークは“ある決断”を胸に秘めていた。しかし到着直前、無数の飛行物体によって急襲を受け、エンタープライズ号は撃破。仲間は散り散りになってしまう。果たして何が起こっているのか。その目的とは。たった一人見知らぬ土地に投げ出されたカークの限界を超えた戦いの幕が開く――!

前作から5年間のミッションを科せられたエンタープライズ号のクルーたちの、3年目の姿が描かれる本作。前2作でクルーたちが経験してきた胸が躍る探検の日々は、いまは遠い過去のものとなり、カークは自身の艦隊に乗る理由について考え込むなど長い漂流の間に目的意識のコントロールに苦しむクルーたちの姿も描かれる。そんな中、あの『スター・トレック』きってのおしどりカップルである、スポック(ザッカリー・クイント)とウフーラ(ゾーイ・サルダナ)の関係も終わりが訪れていた…。

このほど到着したのは、スポックの母親の形見を渡されていたウフーラが、それをスポックに返そうとする様子から始まる映像。「バルカンの習慣では、贈り物は返してもらわない」と突っぱねるスポックの言葉を受け、そっとスポックの頬にキスをし、物憂げな表情でその場を立ち去るウフーラ。

切なそうな目でそのウフーラの姿を追うスポックだが、そんな彼の元にやってきたのは、正反対の性格をもつボーンズ。開口一番「別れたのか? 何をした?」と不躾な質問。そして「“どっちも悪くない”と地球の女が言うとき、悪いのは男だ」という言葉に核心をつかれたのか、何も言い返せないスポック。そんなスポックとボーンズのやりとりに思わずクスっとなりつつも、恋愛においてはスマートとはいかない不器用な姿がちょっぴり切ない映像となっている。


前作に引き続き、ウフーラを演じたゾーイ・サルダナは、2人の関係について「2人は一緒に働いているから、すごくプロフェッショナルで大人な別れなの。5年間のミッションの途中だから、たとえ疲れがたまって、どうしようもなくホームシックになっていたとしても、ミッションが第一で、仲間たちにはストレスをかけないようにと心に誓う」と説明。

本作では、突然の敵の襲撃によりエンタープライズ号が破壊され、クルーがバラバラになってしまう厳しい展開が待ち受けるところも見どころのひとつとなっているが、そんな展開に加えこのスポックとウフーラの関係の終わりも、本作を象徴する別れ。果たして、もう2人のラブラブな姿をみることはできないのか…? 

『スター・トレック BEYOND』は10月21日(金)より全国にて公開。

最終更新:10/12(水) 19:00

cinemacafe.net

なぜ今? 首相主導の働き方改革