ここから本文です

Adobe、AcrobatやFlash Playerなどの更新版を一挙公開

ITmedia エンタープライズ 10/12(水) 8:47配信

 米Adobe Systemsは10月11日、Adobe AcrobatとReaderおよびFlash Player、Creative Cloud Desktop Applicationのセキュリティアップデートをそれぞれ公開し、多数の脆弱性を修正した。

【その他の画像】

 AcrobatとReaderでは事前告知の通り、WindowsとMac版連続トラックのAcrobat DC/Acrobat Reader DC 15.017.20053までのバージョンと、クラシックトラックの15.006.30201までのバージョン、およびデスクトップ向けAcrobat XI/Reader XI 11.0.17までの各バージョンに存在する71件の脆弱性に対処した。いずれもWindowsとMac版の両方が影響を受け、悪用によってリモートから任意のコードを実行されるなどの恐れがある。

 更新版は、Acrobat DC/Acrobat Reader DCが15.020.20039、クラシックトラックが15.006.30243、デスクトップ向けAcrobat XI/Reader XIが11.0.18となる。適用優先度は30日以内をメドとする「2」に分類されている。

 Flash Playerではデスクトップ版の23.0.0.162までのバージョンに存在する計12件の脆弱性が修正された。悪用された場合、任意のコードを実行されてシステムを制御される恐れがある。

 脆弱性を修正した最新版は、WindowsとMac向けがバージョン23.0.0.185、延長サポート版が同18.0.0.382、Linux向けが11.2.202.637となる。特にWindowsとMacでは優先度「1」に指定され、最優先で更新する必要がある。Windows 8.1および10のInternet Explorer/Edge向けにはMicrosoft経由で、Chromeブラウザ向けにはGoogle経由で更新版が提供される。

 Creative Cloud Desktop ApplicationではWindows版の3.7.0.272までのバージョンに存在する1件の脆弱性に対処した。更新版のバージョンは3.8.0.310となり、優先度は管理者の判断でアップデートを適用する「3」としている。

最終更新:10/12(水) 8:47

ITmedia エンタープライズ