ここから本文です

『君の名は。』V7!『ポニョ』射程圏内!【映画週末興行成績】

シネマトゥデイ 10/12(水) 19:26配信

 秋の3連休と重なった土日2日間(10月8~9日)の全国映画動員ランキングが11日に興行通信社より発表され、新海誠監督の『君の名は。』が7週連続で1位を獲得。歴代興行収入総合ランキング10位、歴代邦画アニメーション4位の『崖の上のポニョ』の155億円が射程圏内に入ってきた。

【写真】もう観た?映画『君の名は。』ギャラリー

 『君の名は。』は、先週末の成績が動員約51万3,000人で興収約7億円となり、前週比88.7パーセントと好調をキープ。10日の祝日をあわせた3日間の動員が80万611人、興収が10億5,367万3,800円を記録。封切りから10日までの46日間の成績は累計動員1,119万6,377人、累計興収145億6,387万7,800円となり、動員1,000万人を突破した。

 マット・デイモン演じる暗殺者の孤独な戦いを描いた人気アクションサスペンスシリーズ最新作『ジェイソン・ボーン』が動員24万6,617人、興収3億4,523万6,800円を記録し、2位に初登場。この数字は2007年公開の前作『ボーン・アルティメイタム』(最終興収16億5,000万円)のオープニング成績(土日興収3億2,498万7,800円)を超える、シリーズ最高のオープニング成績となった。

 「EXILE TRIBE」が展開するプロジェクトの長編劇場版第2弾『HiGH&LOW THE RED RAIN』が313スクリーンで公開され、動員22万4,000人、興収2億9,800万円で初登場3位に。祝日を含めた3日間では動員29万8,639人、興収3億8,785万5,300円となった。ローカル部と都市部の対比では8対2と、地方での動員が強かった本作。同グループのファンのみならず、男性客やカップル、家族連れなどが劇場を訪れた。

 朝のワイドショーで司会を務める落ち目のキャスターの災難だらけの一日を描いた中井貴一主演『グッドモーニングショー』が5位にランクイン。祝日をあわせた3日間で動員12万7,834人、興収1億5,783万4,000円となった。

1/2ページ

最終更新:10/12(水) 19:26

シネマトゥデイ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]