ここから本文です

「おそ松さん」×京都の香老舗がコラボ、松野家のお香と匂い袋が登場

コミックナタリー 10/12(水) 12:52配信

赤塚不二夫原作のテレビアニメ「おそ松さん」と、京都のお香専門店・松栄堂によるコラボグッズ「松野家のお香」「松野家の匂い袋」が、松栄堂の直営店やオンラインショップで発売された。

【この記事の関連画像をもっと見る】

これは9月に開催された「京都国際マンガ・アニメフェア 2016」、通称「京まふ」内で先行販売されたもの。スティックタイプの「松野家のお香」は、6つ子それぞれの香りをイメージした6種類が用意される。おそ松はミックスベリー、カラ松はマリン、チョロ松は煎茶、一松はバイオレット、十四松はグレープフルーツ、トド松はローズの香りに仕上げられた。

一方「松野家の匂い袋」は松野家の香りをイメージした空蝉香を、6つ子カラーのちりめん巾着袋に同梱した6種類。巾着袋には金色で松が描かれており、巾着袋の包装ケースには6つ子のイラストとそれぞれを表す数字がデザインされている。

価格は「松野家のお香」が各972円、「松野家の匂い袋」が各864円。いずれも全種まとめた6個セットが用意される。

(c)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会

最終更新:10/12(水) 12:52

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]