ここから本文です

ベンテケの史上最速弾、FIFAは8.1秒と認定

ISM 10/12(水) 17:01配信

 FIFA(国際サッカー連盟)は現地時間11日(以下現地時間)、10日の2018年W杯欧州予選でベルギー代表FWクリスティアン・ベンテケが挙げた先制点について、開始8.1秒のゴールでW杯史上最速と認定した。

 ベンテケは10日のジブラルタル戦で、キックオフ直後に相手へプレッシャーをかけてボールを奪い、そのままドリブルで攻め上がってゴールを奪っていた。

 FIFAの認定により、ベンテケは1983年にサンマリノのダヴィデ・グアルティエーリががイングランド戦で決めた開始8.3秒でのゴールを0.2秒上回り、W杯史上史上最速ゴールの記録保持者となった。

 なお、ベンテケはこの試合でハットトリックを達成し、6対0での大勝に大きく貢献した。(STATS-AP)

最終更新:10/12(水) 17:02

ISM

スポーツナビ サッカー情報