ここから本文です

ホンダ、エリーパワー社のリチウムイオンバッテリーを量産二輪車に初採用

レスポンス 10/12(水) 14:00配信

エリーパワーは、同社の製造する二輪車始動用リチウムイオンバッテリー「HY93」が、ホンダの新型スーパースポーツバイク『CBR1000RR ファイヤーブレード SP/SP2』に採用されることが決定したと発表した。

[関連写真]

HY93は、ホンダと共同開発を進めてきた、鉛電池との互換性を持つ二輪車始動用リチウムイオンバッテリー。ホンダが量産二輪車の始動用バッテリーにリチウムイオン電池を搭載するのは初となる。

従来、二輪車の始動用バッテリーには鉛電池が採用されているが、長期放置によるバッテリー上がりや、寿命の短さなどの課題があった。一方、リチウムイオン電池は鉛電池に比べ小型軽量化が可能で、自己放電が少なく、長寿命だが、安全性、低温時のエンジン始動性能、低温時の充電による劣化が課題だった。

同社は2014年より始動用リチウムイオンバッテリーの開発をホンダとともに開始。翌2015年からはホンダ・レーシングとテクニカルスポンサー契約を締結し、モトクロス実戦による過酷な環境下でのテストを繰り返してきた。そして、独自技術で各種課題を解決し、-10~65度の広い温度範囲でエンジン始動が可能な始動用リチウムイオンバッテリーの開発に成功。今回、量産二輪車への採用が決定した。

同社では今後、この二輪車始動用バッテリーを「HYシリーズ」としてサイズや性能の展開を広げ、鉛互換のアフターマーケットへの参入も予定している。

《レスポンス 纐纈敏也@DAYS》

最終更新:10/12(水) 14:00

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。