ここから本文です

2800本出品初の入札 三島に木材市場開設

福島民報 10/12(水) 10:08配信

 福島県県森林組合連合会は11日、会津西部地域産木材の集約・流通拠点となる「会津共販三島市場」を福島県三島町桧原に開設した。 
 これまでは会津若松市河東町強清水地区にある「会津共販所」で取引していたが、三島市場の開設で従来よりも周辺町村の木材を集めやすくなり、地域材の利活用の促進になると期待されている。現在、柳津町や三島町などで森林整備を目的とした間伐が盛んになっており、安定的な入荷が見込まれている。 
 11日は現地で記念式典と創立記念市が行われた。会津地方のスギやカラマツなど合わせて約2800本が出品され、初めての入札が行われた。次回は11月10日を予定している。 
 問い合わせは会津地方森林組合林業振興協議会 電話0242(26)2355へ。 

福島民報社

最終更新:10/12(水) 13:04

福島民報