ここから本文です

“カラオケ@DAM”が11月25日よりPS4向けにサービスイン、新コンテンツ“精密採点∞”が搭載

ファミ通.com 10/12(水) 18:22配信

●練習にも最適な精密採点も搭載
 第一興商は、ストリーミングカラオケサービス“カラオケ@DAM for "PlayStation 4"”を、2016年11月25日よりプレイステーション4向けに提供開始することを発表した。1000円[税抜]で30日間、約12万曲が歌い放題になるほか、毎週約200曲が追加予定。

 以下、リリースより。

----------

 株式会社第一興商(東京都品川区 代表取締役社長 林 三郎)は、株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメント(東京都港区 代表取締役社長 アンドリュー・ハウス)が発売している家庭用ゲーム機「PlayStation4」向けに、ハイクオリティな音源と映像によるストリーミングカラオケサービス「カラオケ@DAM for "PlayStation 4"」を11月25日(予定)より提供します。

 カラオケ@DAM for "PlayStation 4"は、PlayStation4に専用アプリ(無料)をダウンロードするだけで利用できます。業務用カラオケシステムDAMのハイクオリティな音源と映像によるストリーミングカラオケで、家族や友人が集まったとき、ひとりカラオケで練習したいときなど手軽に“おうちカラオケ”を楽しめます。

 カラオケ操作・基本機能をすべて網羅し、1,000円(税別)で30日間、
約12万曲※が歌い放題。その後も毎週約200曲が追加されるので、新しい曲も見つかります。※サービス開始時の曲数

【利用チケット方式】
30日間1,000円(税別)/ 24時間300円(税別)から選べます。

■もう100点では満足できない!音ゲー感覚で、まさに得点無限大(∞インフィニティ)の新コンテンツ!
 「精密採点∞(インフィニティ)」は、人気の採点機能「精密採点シリーズ」をベースに「音程・タイミングの正確さ」、「歌唱テクニック」が連続するとコンボとして得点が大幅に跳ね上がる、ゲーム性を持った新しいコンテンツ。音ゲーファンの欲求を満たします。

 採点時に表示される音程バー「見えるガイドメロディー」の上に、音程の正確さを“Great”、“Good”、“OK”、“Bad”で表現し、“OK”以上の評価を取り続けることでコンボが発生。コンボを続ければボーナスポイントが加算され、より高得点になります。
 しゃくり、こぶし、フォール、ビブラートなど、精密採点シリーズでおなじみの技法を使っても得点がアップし、得点が上がるにつれて採点画面の演出がヒートアップしていきます。
 これまでの採点は100点が上限でしたが、この精密採点∞(インフィニティ)では点数がカウントアップしていき、得点はまさに無限大(∞インフィニティ)です。

 また、全国ランキングも表示されるため、全国の猛者たちと熱いバトルが繰り広げられます。
 難易度により設定された、歌って爽快“EASY”、標準的な“NORMAL”、プロも苦戦する“HARD”といった3モードを搭載しているので、家族でワイワイと遊ぶことも、一人で難しいレベルに挑戦することもできます。

■おうち練習に最適!音程バーの表示がスムーズで歌いやすくなった「精密採点」を搭載!
 練習メインでじっくり歌いこみたい、採点を極めてカラオケボックスでヒーローになりたいというカラオケファンには嬉しい、テレビでもおなじみの採点シリーズ「精密採点」を搭載しました。
 PlayStation4の高性能グラフィック機能により表現力がアップし、見えるガイドメロディーの表示はフェードイン・アウト方式を採用。スムーズで歌いやすい仕様にバージョンアップしました。

 結果画面では「メロディーどおりに歌えているか」、「こぶしやビブラートなど歌唱テクニックが上手に使えたか」などをわかりやすく表示。レーダーチャートや分析レポートにより、的確な歌唱アドバイスを行います。

*「精密採点∞(インフィニティ)」、「精密採点」を使うにはUSBマイクの接続が必要です。なお、画面はすべて開発中のものです。

 カラオケ@DAMは、今後もさまざまなニーズとデバイスに対応するとともに、それに伴う新しい機能を次々と追加していく予定です。高品質なカラオケサービスをどこでも気軽に楽しめる環境の提供を基本とし、家族や友人とのコミュニケーションツールや練習ツールとして、また、ゲーム感覚での利用や「歌う」ことでのストレス解消や気分向上にも役立てていただきたいと考えます。

最終更新:10/12(水) 18:22

ファミ通.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]