ここから本文です

ボーイング、民間航空機の納入実績11機マイナスの188機 2016年7-9月期

レスポンス 10/12(水) 15:45配信

ボーイングは、2016年第3四半期(7~9月期)の民間航空機部門と防衛・宇宙・セキュリティ部門の納入実績を発表した。

[関連写真]

民間航空機の納入実績は188機で、前年同期と比べて11機マイナスだった。内訳は、「737」型機は6機マイナスの120機、「787」型機が1機マイナスの36機、「777」が5機マイナスの22機、「767」型機が横ばいの5機、「747」型機が1機プラスの5機だった。

防衛・宇宙・セキュリティ部門は、「AH-64」アパッチの新造が10機、再製造が9機、「CH-46チヌーク」の新造が7機、再製造が7機、「F-15」型が4機、「F/A-18」型が6期、「P-8」型が4機だった。衛星は政府・民間合算で2基、軍事用衛星が1基だった。

《レスポンス レスポンス編集部》

最終更新:10/12(水) 15:45

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。