ここから本文です

小原愼司「青猫について」1巻、セーラー服&刀の美少女が闇市のヤクザをスパッ

コミックナタリー 10/12(水) 15:40配信

「菫画報」「二十面相の娘」などで知られる小原愼司の新作「青猫について」1巻が、本日10月12日に発売された。

「青猫について」は小学館のWebサイト・やわらかスピリッツで連載されている、戦後の闇市を舞台にしたハードボイルドバイオレンス。セーラー服に刀をぶら下げた人斬り・青猫と、姉を探す少女・ノブが旅する様子を描く。極道の女が守る焼け跡となったシマ、ヒロポンを売りさばく子供たちの町など無法地帯で生まれるドラマと、ヤクザものを相手に美少女が大立ち回りを繰り広げる様が見どころだ。

10月29日には「青猫について」1巻の発売を記念したトークショーが、大阪・なんば紅鶴にて開催。イベントには小原のほか、凸ノ高秀、B・カシワギ、林人生が出演する。料金は2000円で、別途1ドリンクオーダーも必要。

青猫について 単行本発売記念トークイベント! ~Web漫画の現在とこれから~
日時:2016年10月29日(土)19:30~
会場:なんば紅鶴
料金:2000円(1ドリンク別)

最終更新:10/12(水) 15:40

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]