ここから本文です

美川憲一がベッキーを叱咤激励 返す刀でゲス川谷バッサリ

東スポWeb 10/12(水) 18:28配信

 歌手・美川憲一(70)が12日、都内の草月ホールでコンサート「美川憲一 ドラマチック・シャンソン 2016」(同所で13、14日)の公開リハーサルを行った。

 毎秋恒例のコンサートは今年で17回目。「年齢を重ねるほど、昼夜2回は体力的にきつい。でも大丈夫。明日は故越路吹雪さん(シャンソンの女王)の身内の方も来てくださる。年齢のことは忘れたい。今度から年齢不詳にしようかしら」と笑みを浮かべた。

“芸能界のご意見番”として、ロックバンド「ゲスの極み乙女。」の川谷絵音(27)との不倫騒動で休養し、先日地上波にテレビ復帰したハーフタレントのベッキー(32)にも言及。「ショートヘアにして背中を出して心機一転、頑張ろうという姿勢が見えた。ただ、これからは人選びをちゃんとしていかないと。いい出会いはあっても恋愛に臆病になる。だけど、これをバネにして先に進むっきゃないわよ」と叱咤激励した。

 一方、無名タレント・ほのかりん(当時19)の飲酒騒動まで引き起こした川谷については「ゲスの男? 名前も忘れたわよ。女をナメてる。女をもてあそぶな。まして10代の女の子にあんなこと。いま恋愛をやってる場合じゃない。だらしない。許せない。金も使いそうにないし、しみったれてダサいわよ。女癖が悪いのは最悪。表に出てきてきちんと話せ!」とメッタ斬りにした。

 美川は「昔はディック・ミネさんみたいに遊びまくった方がいた。不倫なんてザラだった時代はあった」と先輩の例を引き合いに出しながら「今は違う。ケータイですぐに写真が撮れてネットに流すことができるから、隠れて遊ぶことはできない。“芸のこやし”は死語!」と厳しく指摘した。

最終更新:10/12(水) 18:45

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]