ここから本文です

【早実・清宮一問一答】「皆を甲子園に連れてきたい」高校通算72号

デイリースポーツ 10/12(水) 12:48配信

 「秋季東京都高校野球大会・1回戦、早実10-1日本学園」(12日、ダイワハウススタジアム八王子)

 来春の選抜大会出場へ向け、早実は主将の清宮幸太郎内野手(2年)が「3番・一塁」で先発出場。高校通算72号となる3ランを放った。早実は七回コールド勝ちで2回戦(15日、市営立川球場)に進んだ。

 清宮は6-0とリードした四回1死二、三塁の第3打席で2ボールからの3球目、相手先発右腕の内角低めスライダーをたたき、弾丸ライナーで右翼ポール際の芝生席へ運んだ。

 この日の清宮は初回の第1打席は死球で出塁。内角球を右肘上付近に受けた。二回の第2打席は右飛。本塁打の後の第4打席は2番手右腕から右翼ポール際へのファウルを2本放ちながら四球で出た。

 主将として試合前は輪の中でナインに気合を注入。選手たちはラグビーの試合前のような咆哮で応えた。

 試合後の清宮の一問一答は次の通り。

 -ホームランについて。

 「2ボールだったので、それまでの配球から変化球が来ると思い、狙い通り打てて良かった。感触は完ぺきだった」

 -一発を狙った。

 「その狙い通りではなく、来る球をしっかり絞り込んで打った結果がホームランになった」

 -通算72本目については。

 「それはあまり気にしてないが、多い方がいいと思うのでうれしいです」

 -2カ月前の夏から取り組んできたことは。

 「今年のチームはスローガンが『一つになろう』。今まで一つになりきれてなかったところがあったので、そこを皆で言い合った」

 -個人的な打撃で変えたところは。

 「(7月の西東京大会準々決勝)八王子戦の最後(のチャンスで)ライトフライになってしまった。勝負場面での1本、ここぞというところで打ち損じたので、バッティングも最後を決めきるという練習をしてきた」

 -キャプテンとしては。

 「周りを気にするようになったなと思う。気になったことは自分も言うし、言うからには自分もちゃんとしなければならない。そういうところでは少しは成長できているのかなと思う」

 -甲子園に出る難しさも感じている。

 「1年生で出させていただいて(その後は2期不出場)。一人では勝てないと、周りの強さも必要なんだと感じ、2年の夏でさらに強く感じた。やはり自分だけでなく、周りもしっかり立てて、どんどん底上げして、みんなでこの大会を乗り切ろうと話した」

 -来年の選抜にかける意気込みを。

 「この大会の優勝は(2005年秋の)斎藤(佑樹)さんより遠ざかっている。選抜に出るチャンスはこれしかないので、選抜は夏の甲子園とは別の雰囲気があると思うので、その舞台に立ってみたいと思うし、皆を甲子園に連れて行きたい。全員でその切符を勝ち取りたい」

 -声がかすれ気味だが。

 「ちょっと風邪気味です。(熱も)、ハイ」

 -主将の仕事と自分のことの両立は。

 「ストレスには感じない。逆に楽しいという方が強い」

 -副主将(服部投手と福本外野手)からの助言は。

 「自分で決められないというか、迷っているときに、最後の後押しをしてくれる。例えば(ナインへの苦言で)雰囲気が悪くなるかなと思うときなどに相談して助言をもらう」

 -本塁打の前の打席の右飛から修正。

 「前の打席は先っぽだった。それで投球の軌道が分かり、次の打席で対応できた。きょうは5時ぐらいに起きて、球場に来る前にしっかり打ってきた」

 -ベンチでのかけ声はラグビーのようだ。

 「ハハハ、あれは前からやってます」

 -内角球の打ち方が上達したか。

 「自分としてはそんなに変えたものはないが、八王子戦の時のようにインコースを意識しすぎて開いての打ち損じが多かった。インコースを意識しても、しっかり踏み込んで自分のスイングをしようと心がけている」

最終更新:10/12(水) 17:52

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]