ここから本文です

三菱ふそう、カスタマーサービスコンテストを開催

レスポンス 10/12(水) 18:54配信

三菱ふそうトラック・バス(MFTBC)は10月8日、同社喜連川研究所(栃木県さくら市)で「2016年度カスタマーサービスコンテスト」を開催した。

カスタマーサービスコンテストは、サービススタッフおよびパーツスタッフのスキルアップとモチベーションアップを促し、サービスや整備力、提案力の向上を目的に実施。「サービス部門」競技は、全国の三菱ふそう販売店から選抜した36チーム(1チーム:フロントスタッフ1名、メカニック2名)合計108名が、「パーツ部門」競技には、全国部品営業の代表者23名が参加した。

「サービス部門」競技は、トラブルシューティングとして、小型トラック「キャンター2016年モデル」3トン冷凍車仕様の設定で故障診断を実施。制限時間内で車両不具合箇所を修復するとともに、顧客にとって最適なサービスを提案する点も必要とした競技内容とし、フロントスタッフとメカニックの学科問題とトラブルシューティング競技との合計点で部門優勝を競った。

「パーツ部門」競技は、顧客との面談シーンを再現したロールプレイング競技を実施。顧客の悩み事やニーズを的確に把握し、適切な商品の提案が求められる内容とし、学科問題とスピーチ競技との合計点で部門優勝を競った。

また、今年から「パーツ部門」をコンテストに加えたことを機に、サービス・パーツ両スタッフの団結力および会社としての一体感を狙い、「会社対抗戦」として所属販売地区または販売会社別に上位3社を表彰した。

各部門の優勝はサービス部門がSC近畿(1)チーム(森脇雄一氏、谷田誠氏、山本康彦氏)、パーツ部門が神奈川ふそう金沢支店(太田長武氏)、会社対抗戦が神奈川ふそうとなった。

《レスポンス 纐纈敏也@DAYS》

最終更新:10/12(水) 18:54

レスポンス