ここから本文です

コンパクトなスマホ専用ラベルライター「P-TOUCH CUBE」発表会

ITmedia PC USER 10/12(水) 14:41配信

 ブラザーは10月12日、ラベルライター「P-touch」の新モデル「P-TOUCH CUBE PT-P300BT」を発表、10月下旬に発売する。想定実売価格は6000円前後(税別)。

【ハロウィンラッピング例】

 P-touchは熱転写方式のラベルライター。今回投入された「PT-P300BT」は、スマホ用アプリでラベルをデザインする家庭向けモデルで、キーボードを省いたコンパクトなボディーと、スマホの画面で操作できる使いやすさが特徴だ。対応テープは幅は3.5mm、6mm、9mm、12mm(TZeテープ)。単4電池6本、またはACアダプター(ともに別売)で駆動し、PT-P300BT本体とスマホはBluetoothで接続される。本体サイズは、115(幅)×61(奥行き)×115(高さ)mm、重量は約380g。

 P-touchシリーズはこれまで、家庭向けから法人向け、医療などの特定用途向けの幅広いラインアップを販売しているが、プレビューできる画面が小さい、使用できるフォントが少ない、本体が大きいなどの声があったという。ブラザー販売の樋口氏は、「これらの不満点を解消するため、『これからのラベルは、スマホで作る』をコンセプトに全く新しいラベルライターを企画した」とPT-P300BTを紹介。スマホを活用することでOS内蔵フォントを利用できるほか、キーボードやディスプレイを省いたコンパクトなサイズを実現した。女性をターゲットに年間約2万台の販売を目指す。

 PT-P300BTと連携するスマホアプリ「P-touch Design&Print」の機能は大きく分けて3つ。まず1つはテンプレートをベースに4ステップ操作でラベルが作成できる機能だ。テンプレートは「整理収納」「書類整理」「ネーミング」「ギフトラッピング」の4つのカテゴリで各10個ずつ用意され、プロが監修した解説を見ながら、自分のイメージに合うラベルを簡単に作成できる。なお、テンプレートは順次追加される予定という。

 また、P-touch Design&Printでは暮らしに関するコラムが定期的に配信されるほか、テンプレートを使わないオリジナルラベルの作成も行える。対応OSはAndroidとiOS。

最終更新:10/12(水) 14:41

ITmedia PC USER