ここから本文です

JR貨物、「がんばろう九州」ラッピング機関車を運行 10月下旬から

レスポンス 10/12(水) 20:00配信

JR貨物は10月12日、九州の各線で「がんばろう九州」のラッピング機関車を運行すると発表した。今年4月に発生した熊本地震からの早期復興への願いを込め、車体を「くまモン」など被災した自治体のマスコットキャラクターで装飾する。

[関連写真]

発表によると、ED76形電気機関車2両とEF81形電気機関車2両を使用。「がんばろう九州」のメッセージと、熊本県の「くまモン」、大分県の「めじろん」、熊本市の「ひごまる」で車体を装飾する。環境負荷軽減を目的とした鉄道貨物輸送に取り組んでいる企業などが使用できる「エコレールマーク」も使われる。

ラッピング機関車は10月下旬から2年間、運行される予定。鹿児島本線・肥薩おれんじ鉄道線の北九州貨物ターミナル~鹿児島貨物ターミナル間や香椎~福岡貨物ターミナル間、日豊本線の小倉~南延岡間、長崎本線の鳥栖~鍋島間で運用される。

《レスポンス 草町義和》

最終更新:10/12(水) 20:00

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。