ここから本文です

韓国当局 黄海で違法操業した中国漁船2隻を拿捕

聯合ニュース 10/12(水) 15:38配信

【仁川聯合ニュース】黄海上の南北軍事境界線にあたる北方限界線(NLL)に近い韓国・仁川の白ニョン島の沖合で12日、韓国海洋警備当局が違法操業をしていた中国漁船2隻を拿捕(だほ)した。2隻が特に抵抗しなかったため、艦砲射撃などの強硬対応は取らなかった。

 2隻は白ニョン島の南西46キロの海上で違法操業した疑いが持たれている。検挙時にはイカナゴなど約60トンの水産物を積んでいた。韓国当局は2隻の船長と乗組員計19人を仁川に護送し、違法操業の経緯を調べる予定だ。

 今月7日には仁川・小青島沖で、違法操業の取り締まりに当たっていた韓国当局の高速警備艇に中国漁船が体当たりして沈没させる事件が発生した。これを受け韓国政府は11日、暴力的な中国漁船に対し、必要な場合は艦砲射撃や体当たりなどで対応し、逃走する漁船は公海上まで追跡して拿捕する方針を決めた。

 海洋警備当局は大型艦艇4隻とヘリコプター1機からなる機動戦団を投入し、取り締まり活動を強化している。

 仁川海洋警備安全署は今年、違法操業した中国漁船46隻を拿捕、70人の身柄を拘束し、保証金14億3000万ウォン(1億3200万円)を徴収した。

最終更新:10/12(水) 15:46

聯合ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

318歳のホログラムが語るSF世界での愛の未来像
SF作家のモニカ・バーンは、人種、社会そしてジェンダーの型にはまらない登場人物たちが織り成す、豊かな世界を想像しています。このパフォーマンスにおいて、バーンはピラーという登場人物としてホログラムで登場し、人間が宇宙に移住した近未来から、愛と喪失の物語を過去の私たちに向けて発信します。「想像する未来と実際の姿の対比はいつだって面白いのです」とバーンは言います。