ここから本文です

「塚田農場」運営会社、焼き鳥専門店に進出 5年で300店計画

ITmedia ビジネスオンライン 10/12(水) 15:09配信

 居酒屋「塚田農場」などを運営するエー・ピーカンパニーは10月12日、焼き鳥専門店の展開を始めたと発表した。3年で首都圏を中心に100店、5年をメドに全国で300店の出店を目指す。低価格業態の展開で新たに20代などの若い層を開拓する狙いだ。

やきとりスタンド店内

 新業態は、立席中心の「やきとりスタンド」と着席中心の「やきとりスタンダード」の2ブランド。「塚田農場」などの運営を通して培った流通などのノウハウを生かし、品質の高い商品を低価格(焼き鳥1本120円~)で提供する。これまでターゲットとしていた30代以上の層に加えて、新たに20代を開拓する狙い。

 「既存業態では、予約を前提とした3~4人のグループ利用が多かったが、新業態では、仕事終わりなど日常的に利用できる店舗を目指す」(同社)としている。

 「塚田農場」や「四十八魚道」などの既存業態の客単価は4000円前後。30代以上のユーザーから支持を集めていた一方、20代のユーザー獲得が課題となっていたため「客単価2000~2500円の低価格業態の開発が求められてた」という。

最終更新:10/12(水) 15:09

ITmedia ビジネスオンライン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。