ここから本文です

ココリコ遠藤、ドラマ「レンタル救世主」で愛の形を間違えたストーカーに

お笑いナタリー 10/12(水) 17:58配信

10月16日(日)に放送されるドラマ「レンタル救世主」(日本テレビ系)第2話に、ココリコ遠藤がゲスト出演する。

【この記事の関連画像をもっと見る】

「レンタル救世主」は、助けを求めている人々に“救世主”を派遣している会社の物語。主演の沢村一樹が、お人好しだが情けない新人レンタル救世主・明辺悠五を演じている。

第2話はストーカー被害に悩むラジオDJ・ヒロコ(森カンナ)がレンタル救世主に助けを求めるというストーリー。遠藤はヒロコをストーキングする番組プロデューサー・神保役で登場する。遠藤は自身の役柄について「第4話では『偽神保』、第7話では『女神保』、最終話では『メカ神保』と構想は膨らみますが、まずは第2話の愛の形を間違え凶行にでてしまう『神保』の姿を見ていただきたく思います」とコメント。歪んだ人物を演じる彼の活躍に期待しよう。

ココリコ遠藤 コメント
「神保」という役をやりたくてこの世界に入りやっと「神保」に巡り会えました。第4話では「偽神保」、第7話では「女神保」、最終話では「メカ神保」と構想は膨らみますが、まずは第2話の愛の形を間違え凶行にでてしまう「神保」の姿を見ていただきたく思います。

レンタル救世主
日本テレビ系 2016年10月16日(日)22:30~23:25

最終更新:10/12(水) 17:58

お笑いナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]