ここから本文です

【パ・リーグCS】日本ハム先勝 大谷7回無失点&中田豪快2ラン

東スポWeb 10/12(水) 20:59配信

 パ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第1戦は12日、札幌ドームで行われ、リーグ優勝した日本ハムが2位・ソフトバンクに6―0と快勝した。

「8番・投手」として先発した大谷が快調にスコアボードにゼロを並べていくと、5回に打線が爆発する。

 先頭・レアード、大谷の連打などで無死満塁とすると西川の中前打で2者が生還し、均衡が破れる。続く中島が犠打をきっちり決めて一死二、三塁とし、近藤の中前適時打で2点を追加。とどめは4番のバットだ。中田が左中間へ2ランを放ち、ソフトバンク・武田をマウンドから引きずり下ろした。

 大谷は7回1安打無失点とほぼ完璧な投球。打者としても2打数1安打に加え、3打席目には犠打も決めてみせた。

 ソフトバンクは武田が大誤算。4回までは危なげなかったが、5回に連打を許した後、バントの処理をミスして、自ら傷口を広げてしまった。打線も大谷、谷元、マーティンにわずか1安打に封じられた。

 日本ハムには1勝の優勝アドバンテージがあるため、ソフトバンクにとって13日の第2戦は絶対に落とせない試合となった。

最終更新:10/12(水) 22:06

東スポWeb