ここから本文です

片平実ツアー最終公演にアベンズ、ホリエ、ピ中野、フレンズら集結

音楽ナタリー 10/12(水) 18:25配信

片平実(Getting Better)が11月27日に東京・新木場STUDIO COASTで開催するライブイベント「Getting Better~20th Anniversary Party "ROCK THE BEST TOUR FINAL" [Getting Festival]~」の詳細が発表された。

【この記事の関連画像をもっと見る】

このライブは片平の新作MIX CD「ROCK THE BEST」のリリースツアーのファイナル公演として実施されるもの。DJとしてGetting Betterのメンバー、やついいちろう(エレキコミック)、ピエール中野(凛として時雨)が出演し、また全国13カ所それぞれを拠点に活動するロックDJが一堂に会する。

一方、ライブアクトを行うのはavengers in sci-fi、雨のパレード、パノラマパナマタウン、フレンズ、Yogee New Waves、lovefilmの6組。またホリエ×村松徳一、佐々木亮介(a flood of circle)×氏原ワタル(DOES)×小林要司(Large House Satisfaction)、木下理樹(ART-SCHOOL、killing Boy)×小林祐介(THE NOVEMBERS)という組み合わせによる、この日限りのセッションも披露される。さらに片平のオリジナルプロジェクトGarasのライブパフォーマンスが行われることも決定。Garasのライブには片平に加え、石毛輝(lovefilm、the telephones)、Erich Logan、甲斐一斗(asobius)、タロウサイファイ(avengers in sci-fi)、ホリエアツシ(ストレイテナー、ent、FULLARMOR)、山本晃紀(LITE)が参加する。

チケットは各プレイガイドで10月22日に発売。

Getting Better~20th Anniversary Party“ROCK THE BEST TOUR FINAL”[Getting Festival]~
2016年11月27日(日)東京都 新木場STUDIO COAST
<出演者>
Getting DJ
片平実(Getting Better) / 鹿野淳(MUSICA、VIVA LA ROCK) / 神啓文(Free Throw) / 西村道男(Parade) / 斎藤雄(JUKEBOX)

Guest DJ
DJピエール中野(凛として時雨) / DJやついいちろう(エレキコミック)

Live Act
avengers in sci-fi / 雨のパレード / パノラマパナマタウン / フレンズ / Yogee New Waves / lovefilm

Rightzz Act
Garas[石毛輝(lovefilm、the telephones) / Erich Logan / 甲斐一斗(asobius) / 片平実(Getting Better) / タロウサイファイ(avengers in sci-fi) / ホリエアツシ(ストレイテナー、ent、FULLARMOR) / 山本晃紀(LITE)]

Special Session
ホリエアツシ×村松徳一
佐々木亮介(a flood of circle)×氏原ワタル(DOES)×小林要司(Large House Satisfaction)
木下理樹(ART-SCHOOL、killing Boy)×小林祐介(THE NOVEMBERS)

20th Special Act
???(11月1日に発表)

全国DJs
高橋喜治(ex.Getting Better) / タイラダイスケ(Free Throw) / NON / DCO(FIX!!) / MIKE(HEADCASE) / タベイ(DOTS) / Nob. / KO-KI(IMPACT) / katz(ROCK'IN'JECTION) / DJ KIKUCHI & hnm.T.B.B. from Play Stage / オノシンサク(spree) / ムラカミダイスケ / OK電算機 / AR / BLACK ROCK / NEW GENERATION / しっちゃ(ME,WE.) / 立花実(HACIENDA) / flanky / WATALL / イケダリョータ / オガタシンイチロウ / (W)ata / 踊ロック(亮哉、もんつう)

最終更新:10/12(水) 18:25

音楽ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]