ここから本文です

伊藤美来 ソロデビューイベントにデカレッド登場し大興奮「え、え、ウソ!」

東スポWeb 10/12(水) 21:44配信

 声優の伊藤美来が12日、池袋サンシャインシティ 噴水広場でデビューシングル「泡とベルベーヌ」の発売記念イベントを行った。

 この日は記念すべき20歳の誕生日。詰めかけた約1000人のファンから「おめでとう~!」と祝福されると「ありがとうございます! こんなにたくさんの人にお祝いしてもらうことなんてないからうれしいです」ととびきりの笑顔を見せた。

「泡とベルベーヌ」など3曲を熱唱。日付が変わって20歳になった3分後にシャンパンをたしなんだことを明かし、「おいしいというところまでいかなかったんですけど、これから先、いろいろ教えてもらいつつ、お酒をたしなめられたらいいな」と初々しく話した。

 目標はソロでのライブツアー開催で「いろんな場所でツアーをして、おいしいものをいっぱい食べたい」とよこしまな願望を告白。報道陣の苦笑いを察すると「伊藤美来の存在を知ってもらえるツアーをしたい。地方の方々にも触れ合って、ファンに近いツアーをしたいなと思います」とまじめに語った。

 イベントの途中に、戦隊ヒーローや仮面ライダーシリーズなどの特撮ものが大好きという伊藤のために、サプライズで「特撮戦隊デカレンジャー」のデカレッドが登場。「え、え、ウソ! うれしい!」と大興奮で「デカレンジャーは人物はみんな好きなキャラで、ストーリーも面白い。ほんと大好きです。いいお面ですね~」とニヤニヤ。

 続けて「弟が2人いるんですけど、自分もハマりましたね。ちょうど見始めた時にデカレンジャーをやってて、大好きになりました。いつか特撮ものの主題歌や挿入歌を歌いたい。ほんと憧れで夢ですけど」と熱弁した。

最終更新:10/12(水) 21:44

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]