ここから本文です

【秋華賞】東西記者徹底討論! シンハライト回避でどうなる?

東スポWeb 10/12(水) 21:52配信

【秋華賞(日曜=16日、京都芝内2000メートル)東西記者徹底討論】トライアルのGIIローズSで好発進を決めたオークス馬シンハライトのまさかの戦線離脱で、3歳牝馬3冠最終章の第21回秋華賞は一転、大混戦模様に…。頼るべきは残ったタイトルホースか、はたまた新興勢力か。「両刀」山口&「馼王」西谷、2人の“熱男”の神予想に注目だ。

 西谷哲生(大スポ):先週、突然飛び込んできたシンハライト回避の知らせはショッキングでした。

 山口心平(東スポ):無事に出走なら間違いなく1番人気になっていただろうからなぁ。

 西谷:春の勢力図のままなら「ジュエラー1強」で話は片付いたんでしょうけど、ローズSがあの結果(11着)では…。一気に混戦ムードに突入した感じです。

 山口:もともと3歳牝馬路線は一握りの上位馬を除けば、ドングリの背比べ状態だったからな。予想する方としては、まさに腕の見せどころだろ。

 西谷:ですね。

 山口:オレはシンハライト回避は関係なく、春の時点で秋華賞の狙い馬は決まっていた。

 西谷:え?

 山口:◎キンショーユキヒメだ。実はオークスでも本命に推していたんだが、無念の除外。ただ当時から息の長い持久力型のこの馬の走りは“秋華賞でこそ、より生きる”と思っていたからな。

 西谷:秋初戦の夕月特別(3着)は同世代のミエノサクシードに完敗してるじゃないですか。ボクは同じ△でもミエノを上位に評価します。

 山口:だからこの馬はスローの決め手勝負では分が悪いんだって。それでも最後までジリジリとは伸びていたからな。切れないけど、立ち回りがうまくて、長く脚を使える…昨年の◎マキシマムドパリ(8番人気3着)と同じようなキャラ。波乱を呼ぶなら、今年はこの馬だぞ。

 西谷:今回も抽選対象でしょ?“第一関門″を突破したところで、運を使い果たさなきゃいいですけど。

 山口:ふん、余計なお世話だ。

 西谷:その点、ボクは除外の心配のないエンジェルフェイス◎ですから安心です。

 山口:いやいや、他の心配事が多過ぎるだろ。前走(紫苑S=16着)はさすがに負け過ぎだし。

 西谷:“前哨戦はあくまで前哨戦”って仕上げでくる厩舎ですから、そこは割り切るだけです。オークスでも結果10着とはいえ、残り1ハロンまでは先頭で頑張っていた。このメンバーなら力は足りるはずです。

 山口:混戦模様の方がかえって後続が早めに押し上げてくるからな。展開的に厳しいんじゃないか?

 西谷:藤原英調教師はそんなことは百も承知って顔で「京都の内回り2000メートルなら、やりようがある」と言ってましたよ。混戦でこそモノをいうのが陣営のインサイドワーク。この厩舎はそのあたりに一日の長があるんで、一発を託してみたくなるんですよね。

 山口:何か策があると?

 西谷:期待していいと思います。“神騎乗″で秋華賞を連覇中(ショウナンパンドラ→ミッキークイーン)の浜中が鞍上というのも心強い限りですね。

 山口:相手本線はともにビッシュか。オークスは上位3頭の中でも一番積極的に動いての3着。強い競馬だった。ひと夏越した紫苑Sでは、ひとマクリであっさり突き放す、文句なしの勝利だったしな。

 西谷:2分切りの走破時計も心強いですし、馬券の軸という意味では、この馬が一番適当なのかもしれませんね。小柄な馬ですが(長距離)輸送さえクリアできれば。

 山口:オレは3番手も同じ鹿戸厩舎のダイワドレッサーだ。ラジオNIKKEI賞(2着)では積極的な競馬で新境地を開拓。差し有利の展開で唯一粘ったんだから非凡な持久力、すなわち京都内回りの適性を感じさせた。

 西谷:勝ち馬ゼーヴィントはセントライト記念でもディーマジェスティの2着に好走。メンバーレベルも高かったし、確かにマークは必要ですね。

 山口:オークスも8着とはいえ、着差は0秒4。キンショーユキヒメが万が一、除外になった場合は、こっちを本命にすることも考えてるよ。

 西谷:ローズSで3着のカイザーバルも忘れないでくださいよ。課題の折り合いをクリアして、正攻法の競馬ができたのは大きい。本番につながる内容だったと思います。

 山口:内回りでも上手に立ち回れそうだし当然、オレもマークはしておくよ。あとはオークス6着の内容からも、争覇圏に届きそうなフロンテアクイーンだな。

 西谷:桜花賞馬ジュエラーはどうみますか?

 山口:骨折明けの前走は仕方ないし、ひと叩きで変わってくる可能性もあるんだろうけど…。姉のワンカラットはじめ血統背景から、マイラーという可能性も…。△までかな。

 西谷:前走は本番を見据えた競馬だったとはいえ、京都の内回りがプラスに出るとは思えない。ボクは人気との兼ね合いを考えて“消し”でいきます。

最終更新:10/12(水) 21:52

東スポWeb

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]