ここから本文です

スマホを使ってマイルがたまる「ANA Phone」、ソフトバンクのMVNOとして提供

ITmedia Mobile 10/12(水) 16:55配信

 ANA(全日空空輸)とSBパートナーズが、スマートフォンの利用料金に応じてマイルがたまる「ANA Phone(エーエヌエーフォン)」を2016年12月上旬に提供する。これに先立ち、11月2日からWebサイトで予約を受け付ける。

【マイル特典(24カ月まで)】

 ANA Phoneは、ソフトバンクグループのSBパートナーズがMVNOとなって、ソフトバンクのネットワークを利用して提供する。記事中の料金は税別。

●料金プラン

 料金プランは現在ソフトバンクが提供しているものに準じており、月額2700円で国内の音声通話が無料となるスマ放題「通話定額基本料(PT)」と、月額1700円で5分以内の国内通話が無料となるスマ放題ライト「通話定額ライト基本料(PT)」を用意する。加えて、Web使用料として月額300円がかかる。また契約事務手数料として3000円が発生する。

 データ定額サービスは、月額3500円の「データ定額ミニ2GB(PT)」、月額5000円の「データ定額5GB(PT)」のほか、「ギガモンスター」として月額6000円の「データ定額20GB(PT)」、月額8000円/30GBの「データ定額30GB(PT)」を用意する。なお、通話定額ライト基本料(PT)ではデータ定額5GB(PT)以上へ加入する必要がある。

 月間のデータ量が超過すると128kbpsに制限され、1GBごとに1000円を支払うことで通常速度を維持できる。

 2年単位の契約となり、更新月以外に解約をすると、契約解除料として9500円がかかる。データ専用プランは用意しない。

●マイルのため方

 ANA Phoneでは、毎月たまる「月々マイル」、ANAの国内線や国際線に搭乗するごとにたまる「搭乗ボーナスマイル」が特典として提供される。搭乗ボーナスマイルは、プランによってたまる回数が異なる(2回~5回)。

 獲得マイルは24カ月までと25カ月以降で異なる。

 24カ月までの場合、例えば通話定額プラン(PT)で5GBのデータ定額を選ぶと、月々マイルは500マイル、搭乗ボーナスマイルは4000マイルが3回まで(合計1万2000マイル)がたまり、2年間の総計は2万4000マイルとなる。最もマイルがたまるのは通話定額プラン(PT)+30GBで、2年間で3万4400マイルとなる。

 25カ月以降は、150~250マイルの月々マイルがたまるのみで、搭乗ボーナスマイルは提供されない。

●端末は「Xperia XZ」を提供

 端末はソフトバンクの「Xperia XZ」を提供。オリジナルのホーム画面をプリセットしており、時間帯に応じて背景が変化するライブ壁紙、ANA就航地域の時刻や天気・気温が確認できる世界時計ウィジェットを利用できる。ほかにオリジナル壁紙、「ANA」アプリ、「ANAマイレージクラブ」アプリもプリセットしている。

 端末価格は未定だが、ソフトバンクが販売するXperia XZと同等になる見込みで、「月月割」のような割引サービスも付くという。

最終更新:10/12(水) 16:55

ITmedia Mobile