ここから本文です

崇拝的に恋する不倫×SF「あげくの果てのカノン」2巻、村田沙耶香も震撼

コミックナタリー 10/12(水) 19:21配信

米代恭「あげくの果てのカノン」2巻が、本日10月12日に発売された。

月刊!スピリッツ(小学館)にて連載中の「あげくの果てのカノン」は、ゼリー(エイリアン)の襲来によって、都市機能を失った東京・永田町を舞台に描かれる。主人公の高月かのんは高校時代から8年間、崇拝するように思いを寄せる堺先輩と再会。憧れの堺先輩は異星生物と戦うパイロットであり、傷つきながらもその人の記憶や好みに変化を与える“修繕”によって生きながらえていた。既婚者である堺先輩との時間を過ごすうちに、かのんは“いけないこと”と知っていながらも、壊れた世界で彼との距離を縮めていく。

【この記事の関連画像をもっと見る】

なお単行本の帯には「コンビニ人間」で芥川賞を受賞した、村田沙耶香からコメントが寄せられた。また一部書店では同書の購入者に特典のペーパーを配布している。

村田沙耶香コメント
この漫画を読んでいると、「恋」を解剖している気持ちになる。かのんは変わり続けていく先輩に、変わらない恋をしている。その純粋な発狂は、恋をする私たちの極限の姿のようにも思える。発情している私たちが残酷な化け物だとしたら、「恋」の根源には一体何があるのか。震えながらも、その答えが知りたくて、この物語から目を離すことができない。

「あげくの果てのカノン」2巻 購入特典配布店舗
文教堂
COMIC ZIN
啓文堂書店
三省堂書店
ジュンク堂書店

(c)米代恭/小学館

最終更新:10/12(水) 19:21

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]