ここから本文です

韓国・コスタリカ 関係格上げで合意=北朝鮮問題でも協力へ

聯合ニュース 10/12(水) 18:59配信

【ソウル聯合ニュース】韓国の青瓦台(大統領府)は12日、朴槿恵(パク・クネ)大統領と韓国を公式訪問中のコスタリカのソリス大統領が首脳会談を行い、両国関係を「友好協力関係」から「包括的協力パートナー関係」に格上げすることで合意したと明らかにした。

 また、北朝鮮の核・ミサイル開発や人権侵害問題についても連携を強化することにした。

 朴大統領は「今回の会談が朝鮮半島はもちろん、国際平和と安定の最大の脅威になっている北の核とミサイルに対する合同対応パートナーシップを強固なものとし、韓国と中米の自由貿易協定(FTA)締結交渉を加速する契機になることを期待する」と述べた。

 これに対し、ソリス大統領は「韓国の経済発展と国家革新の経験を共有したい」と表明。北朝鮮の非核化に向けて取り組む姿勢を示し、来年の中米統合機構(SICA)の議長国を務める際、北朝鮮の核・ミサイル挑発や人権侵害を非難し圧力をかけるよう、外交努力を行うとした。

 また、朴大統領は文化交流と関連し、コスタリカ大学に韓国センターの設置が進められていることを取り上げ、「コスタリカで韓流や大衆的なスポーツとして定着したテコンドーなどを中心に両国の文化とスポーツ交流がさらに活性化することを望む」と述べた。

最終更新:10/12(水) 19:26

聯合ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

信用履歴が(まだ)ない人のためのスマートローン
TEDフェローのシヴァーニ・シロヤのスタートアップ企業InVentureでは、携帯電話のデータを使って個人の信用情報を作り上げることで、新興世界に眠っている購買力を目覚めさせようという事業をしています。「クレジット・スコアのようなシンプルなもので、自分の未来を自分で築き上げる力を人々に与えることができるのです」 [new]