ここから本文です

アプリも効果音も「スター・ウォーズ」の世界観! ソフトバンク、SWコラボスマホを12月に発売

ねとらぼ 10/12(水) 17:21配信

 ソフトバンクが、映画「スター・ウォーズ」シリーズとコラボしたスマホを12月上旬以降に発売することを発表しました。端末のデザインだけでなく、アプリや効果音にも同シリーズの世界観を取り入れています。

【画像】ライトサイド エディション

 「STAR WARS mobile」(シャープ製)の背面は角度によって色が変わる偏光パネルで、カラーは「ダークサイド」「ライトサイド」の2種。それぞれ「帝国軍」「反乱軍」のシンボルをプリントしており、メール、電話などのアプリアイコンやホームボタンにも「スター・ウォーズ」シリーズらしいデザインを採用しています。

 「Xウィング」「タイ・アドバンスト x1」のコックピット風の視点から、同シリーズの象徴的なシーンを収録したライブ壁紙を備え、「時計」「天気」「カレンダー」などのアプリも同様の視点から見ることができます。操作中の音声には「帝国のマーチ(ダース・ベイダーのテーマ)」などの音楽、効果音を使用しています。

 また、映画「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」が再生できる映像プレーヤーが利用可能。「標準セット」には12月16日公開予定の最新作「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」に登場するキャラクター、乗り物のフィギュア5種が同梱される予定です。

最終更新:10/12(水) 17:21

ねとらぼ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]