ここから本文です

仙台のyumbo、約6年ぶりニューアルバムに工藤冬里やMC.sirafuら参加

音楽ナタリー 10/12(水) 20:31配信

仙台を拠点に活動する、澁谷浩次(Vo, Piano, B)率いるyumboが4枚目のオリジナルアルバム「鬼火」を本日10月12日にリリースした。

【この記事の関連画像をもっと見る】

2011年1月発売の「これが現実だ」以来5年9カ月ぶりのアルバムとなる今作。東日本大震災発生直後にメンバー数名が避難していた仙台のbook cafe火星の庭で収録され、すぐにYouTubeで公開された「人々の傘」「鬼火」など、近年ライブで披露されてきた14曲が2枚のCDにパッケージされている。

レコーディングは2014年夏から約2年かけて仙台と東京で実施。工藤冬里(マヘル・シャラル・ハシュ・バズ)、MC.sirafu(ザ・なつやすみバンド、片想い、うつくしきひかり)、波多野敦子(ジム・オルーク サポート)、遠藤里美(片想い)、細馬宏通(かえる目)、木下和重(かえる目)、LAKE(K records)がゲスト参加している。

さらに今作の発売に合わせて、2003年にテニスコーツ主宰レーベル・majikickからリリースされたyumboのデビューアルバム「小さな穴」が復刻。ボーナストラックとして2013年発売のmajikickボックスに収められた「わたしはラジオ」が追加収録される。

11月26日には東京・渋谷7th FLOORで「鬼火」のリリースパーティが開催されることも決定。遠藤里美、関雅晴、てんこまつり、波多野敦子をゲストに迎えてyumboがライブを実施する。

yumbo「鬼火」収録曲
DISC 1
01. 悪魔の歌 The Devil Song
02. 石が降る Raining Stones
03. 地獄の歌 The Hell Song
04. 偉大なるサークル Greatest Circle
05. 暗がりにひとつ One for the Darkness
06. 失敗を抱きしめよう Let's Hug Failure
07. 人々の傘 People Umbrellas

DISC 2

01. 優しい音楽 A Gentle Music
02. 悲しきマグロ Sad Tuna
03. 真夜中のパーティー Midnight Parties
04. 嘘の町 False Town
05. 馬男 Horseman
06. 薬のように Like a Medicine
07. 鬼火 Onibi

yumbo「小さな穴」収録曲
01. さようなら farewell song
02. 赤い車 hon-shi-ku-chi
03. 敵 the enemy
04. 星の間 astros
05. 霊のように like a ghost
06. わたしはからっぽ I'm void
07. 九月の歌 september song
08. 家 a house
09. 黒い国 the black nation
10. 嘘のDNA my false DNA
11. 源にふれろ tapping the source
12. 小さな穴 le petit trou
13. わたしはラジオ I am a radio (outtake)

yumbo「鬼火」リリース・パーティー
2016年11月26日(土)東京都 渋谷7th FLOOR
<出演者>
yumbo(ゲスト:遠藤里美、関雅晴、てんこまつり、波多野敦子)

最終更新:10/12(水) 20:31

音楽ナタリー