ここから本文です

将棋竜王戦の挑戦者が突然変更 将棋連盟が異例の発表 

ねとらぼ 10/12(水) 20:32配信

 日本将棋連盟は10月12日、第29期竜王戦七番勝負(10月15日開幕)の挑戦者について、三浦弘行九段から丸山忠久九段に変更すると発表した。直前で対局者が変わることは異例。

【出場停止になった三浦九段】

 連盟によると、三浦九段には2016年12月31日まで出場停止の処分を下したとのこと。理由については明かされていない。谷川浩司会長、丸山忠久九段のコメントは以下の通り。

・谷川浩司会長のコメント
 「七番勝負直前の変更となり、関係者や将棋ファンの皆様にご迷惑をお掛けし申し訳ありません。対局者のお二人には名棋譜を作り上げることを期待しています。」

・丸山忠久九段のコメント
 「日本将棋連盟の決定には個人的には賛成しかねますが、竜王戦は将棋の最高棋戦ですので全力を尽くします。」

 三浦弘行九段は1974年生まれ。1996年に当時七冠だった羽生善治から棋聖を獲得するも、以降はタイトルに恵まれなかったため、今回の渡辺明竜王への挑戦は注目されていた。2013年には第2回将棋電王戦でGPS将棋と対局している。

最終更新:10/12(水) 20:32

ねとらぼ