ここから本文です

日本ハムが完封リレー圧勝 先発大谷は7回1安打投球、中田が2ラン

デイリースポーツ 10/12(水) 20:59配信

 「パCSファイナルS・第1戦、日本ハム6-0ソフトバンク」(12日、札幌ドーム)

 日本ハムが「8番・投手」で先発した大谷翔平投手が7回1安打無失点と好投し、CSファイナルステージ初戦を白星で飾った。アドバンテージの1勝を含め、残り2勝で日本シリーズ進出が決まる。

 大谷は打者24人を102球、1安打、2四球、6三振の内容だった。好投の二刀流は「俺のために優勝しろ 武田勝」と胸にプリントされたTシャツでお立ち台に上がり、「大きな舞台で使ってもらってるので何とか頑張りたいなと思っていました。(打っては)レアードがいいところで出てくれたので、何とか打ちたいなと。中田さんの2ランで楽に投げさせてもらいました。明日は打席で何とか、(先発予定の)増井さんを援護したいと思います」と振り返った。

 投手陣は大谷以降、八回は谷元、九回はマーティンとつなぎ、完全継投で結局、ソフトバンク打線を1安打で完封した。

 打線は五回、レアード、大谷の連打の一、二塁から大野の犠打を武田が失策で無死満塁。ここで西川が中前へ2点適時打で先制。中島の犠打を挟んで近藤が中前適時打、さらに中田の1号2ランで武田をKOした。

 決勝打の西川は「翔平が投げていたので何とか、1点と思って打ちました。チラホラ空席が見えます。皆さん、札幌ドームに来て下さい」とアピールした。

 ソフトバンクは先発した四回まで2安打無失点と好投していた武田が五回に打者9人で5安打6失点と突然、崩れた。

最終更新:10/12(水) 21:28

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]