ここから本文です

見たことある? 自販機でしか売ってない「ファンタ白桃」 その秘密をコカ・コーラに聞いてみた

ねとらぼ 10/12(水) 23:17配信

 日本コカ・コーラから販売されている炭酸飲料、「ファンタ」。さまざまなフレーバーが展開されている人気商品ですが、「自販機でしか販売されていないレアなフレーバーが存在する」とネット上で話題になっています。それが、「ファンタ 白桃」。

【画像】間違いなく自販機限定

 実際に売っている自販機を見つけたのですが、そこには「430ml 自販機限定」のシールが。「自販機でしか売ってない」といううわさは、本当だったようです。また、内容量が430ミリリットルと、他の商品より少ないもよう。

 ネット上では「うまい」と評判の同商品、なんだか気になりますよね。日本コカ・コーラに、いろいろと質問してみました。

 まず自販機限定で販売をしている理由ですが、「桃という人気フレーバーを自動販売機限定で販売することで、自動販売機の売り上げを強化するため」だそうです。なるほど、自販機の商品があまり売れなくなっているという話は、よく聞きますよね。

 同商品が内容量が430ミリリットルと他の商品より少ない理由は、自販機限定という特性上、購入者が買ってすぐに開けて飲むことを想定しているため。冷たいまま飲み干せる、最適なサイズに設定したためこの量になりました。

 また、期間限定ではなく通年販売の予定ですが、スーパーやコンビニなど自販機以外での販売予定は今のところありません。現在記録的な売り上げで推移しており、購入者からも高い評価を得ているとのことなので、販売方法を変える必要がないのかも。

 なんだか気になる、自販機限定「ファンタ 白桃」のお話でした。見掛けたら、1度買ってみるのも良いかもしれません。なお、自販機限定販売の飲料は「ファンタ 白桃」以外にも存在し、例えば2016年4月から販売している「ファンタ 芳醇(ほうじゅん)アップル」は全国横断で展開しています。

最終更新:10/12(水) 23:17

ねとらぼ