ここから本文です

アンジェイ・ワイダの遺作が2017年6月公開、ポーランドの画家の生涯描く

映画ナタリー 10/12(水) 21:34配信

現地時間10月9日に逝去したポーランドの監督アンジェイ・ワイダの遺作「Afterimage(英題)」が、2017年6月に東京・岩波ホールにて公開されることが決まった。

【この記事の関連画像をもっと見る】

本作は、ポーランドの画家ヴワディスワフ・ストゥシェミンスキの生涯を描く伝記映画。1945年、スターリンがポーランドへと侵略の手を伸ばす中、大学教授の職を失うなど迫害を受けながらも全体主義に抵抗した前衛芸術家の姿を照らし出す。「鉄の男」「ダントン」「パン・タデウシュ物語」といったワイダの監督作に出演してきたボグスワフ・リンダがストゥシェミンスキを演じる。

最終更新:10/12(水) 21:34

映画ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]