ここから本文です

荒木一郎の特集上映、日活ロマンポルノ「白い指の戯れ」など全15本

映画ナタリー 10/12(水) 22:27配信

俳優・歌手・小説家など、幅広く活動する荒木一郎の特集上映が10月15日から28日にかけて東京・シネマヴェーラ渋谷で行われる。

【この記事の関連画像をもっと見る】

1944年生まれの荒木は、シンガーソングライターとして活躍しながら「風と樹と空と」で映画初出演を果たした。俳優として中島貞夫、村川透などの監督作に出演したほか、映画作品の音楽監修なども務めている。

特集では荒木が出演した作品や主題歌を提供した作品、全15本を上映。大島渚が監督を務めた青春映画「日本春歌考」、荒木のヒット曲をフィーチャーした歌謡映画「今夜は踊ろう」、日活ロマンポルノ「白い指の戯れ」、西村京太郎の小説をもとにした青春群像劇「脱出」などバラエティ豊かなラインナップが並ぶ。

なお10月22日にはトークショーを実施。荒木、フラワー・メグ、高崎俊夫が登壇する。

デビュー50周年記念 映画特集 荒木一郎の世界
2016年10月15日(土)~28日(金)東京都 シネマヴェーラ渋谷
<上映作品>
「脱出」
「日本春歌考」
「今夜は踊ろう」
「白い指の戯れ」
「午前中の時間割り」
「0課の女・赤い手錠」
「893愚連隊」
「非行少女ヨーコ」
「鏡の中の野心」
「ポルノの女王 にっぽんSEX旅行」ほか
料金:一般 1400円 / シニア、会員 1000円 / 大学・高校生 800円 / 中学生以下 500円
※2本立て上映、入れ替えなし。「脱出」のみ入れ替え制の1回上映

トークショー
10月22日(土)
開演 20:00 (18:25からの「脱出」上映後)
<出演者>
荒木一郎 / フラワー・メグ / 高崎俊夫

最終更新:10/12(水) 22:27

映画ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]