ここから本文です

「恋は雨上がりのように」新刊、ゆうきまさみ描く「パトレイバー」後藤隊長も

コミックナタリー 10/12(水) 23:30配信

眉月じゅん「恋は雨上がりのように」6巻が、本日10月12日に刊行された。単行本の帯には、ゆうきまさみからイラストとコメントが寄せられた。

【この記事の関連画像をもっと見る】

週刊ビッグコミックスピリッツ(小学館)にて連載中の「恋は雨上がりのように」は、クールな性格の女子高生・橘あきらと、彼女が好意を寄せるバイト先の店長であり、冴えないおじさん・近藤正巳との関係を描いた作品。6巻では後輩の言葉に心を揺さぶられたあきらが、クリスマスに向け、店長に対して“あること”を決意する。

なお単行本の帯では、ゆうきが「機動警察パトレイバー」後藤喜一と、「恋は雨上がりのように」のあきらを執筆。これは眉月がゆうきのファンだったことから実現した企画。近藤店長は後藤隊長をモデルに描かれたものではなかったが、両作のファンから「2人が似ている」と話題になったことが眉月とゆうきの耳にも届き、このたびのコラボレーションに至った。「恋雨」を好きな人はもちろん、「パトレイバー」ファンもこれを機に手にとってみては。

(c)眉月じゅん/小学館

最終更新:10/12(水) 23:30

コミックナタリー