ここから本文です

【MLB】ブルージェイズ、リーグ優勝決定S初戦先発はM.エストラダ

ISM 10/12(水) 12:39配信

 トロント・ブルージェイズは、現地14日から始まるクリーブランド・インディアンスとのリーグ優勝決定シリーズ(7回戦制)初戦で、右腕マルコ・エストラダを先発投手に抜擢した。

 エストラダは、レギュラシーズンで9勝9敗、防御率3.48の成績。6日のテキサス・レンジャーズとの地区シリーズ初戦にも先発し、8回1/3を4安打、1失点に抑えて勝利に貢献した。ポストシーズンでは、2011年のミルウォーキー・ブリュワーズ時代のリリーフ登板4回を含め、通算8試合の登板で3勝1敗、防御率2.67と安定している。

 ジョン・ギボンズ監督は、エストラダの初戦先発について「当然の選択」とコメント。「彼は(昨季)二度のビッグゲームに登板して、我々を救ってくれた」と信頼を寄せている。

 なお、ア・リーグ防御率トップの右腕アーロン・サンチェス投手は、キャリア最多となった今季のイニング数を制限するために、リーグ優勝決定シリーズでは1試合の登板にとどまることが濃厚だともギボンズ監督は語っていた。(STATS-AP)

最終更新:10/12(水) 12:39

ISM