ここから本文です

さだまさし、永六輔さん作品カバー集 黒柳徹子も朗読で参加

オリコン 10/13(木) 10:00配信

 シンガー・ソングライターのさだまさし(64)が、7月に亡くなったタレント・永六輔さん(享年83)が作詞を手がけた名曲をカバーしたアルバム『永縁(えいえん)~さだまさし 永六輔を歌う~』を11月9日にリリースすることが明らかになった。

【写真】レコーディングに参加した黒柳徹子、坂本スミ子

 3歳からバイオリンを始めたさだ少年が最初に出会った流行歌が、NHK総合で放送されていたバラエティー番組『夢であいましょう』で毎月1曲、作詞・永六輔、作曲・中村八大の「六・八コンビ」が制作していた“今月のうた”だった。同コーナーからは坂本九「上を向いて歩こう」、ジェリー藤尾「遠くへ行きたい」、梓みちよ「こんにちは赤ちゃん」といった数々の名曲が生まれ、さだは自身の楽曲の「ルーツ」と明かす。

 2013年8月に同番組の“復刻版”が放送され、永さんと久しぶりに再会したさだは、永さんのテレビ創成期の仕事ぶりや作詞家としての功績を知ろうと、それから数度にわたって会談を重ねてきた。そして今年7月7日の訃報を受け、「永さんの作品を歌うアルバムを制作することで敬愛の気持ちを伝えたい」との思いから、7月下旬から本作の企画を進めてきた。

 収録曲は前出の「上を向いて歩こう」「遠くへ行きたい」といった王道の名曲から、さだの25周年記念アルバム『季節の栖~Twenty five Reasons~』(99年)に収録された永さん作詞、さだ作曲の「ふ」まで全15曲。制作陣に中村八大さんの長男・中村力丸氏を迎えて対話したうえで、永さんが歌手として歌唱した「生きるものの歌」を歌うことも決意した。

 また、永さんとゆかりの深い黒柳徹子(83)、前出のNHKの番組で同名主題歌「夢であいましょう」を歌っていた坂本スミ子(79)も参加。レコーディングは8月下旬から9月上旬にかけて都内のスタジオで行われ、黒柳は「夢であいましょう」を朗読、坂本は同曲を歌唱した。黒柳はほぼ一発OKで関係者驚かせていた。

■『永縁(えいえん)~さだまさし 永六輔を歌う~』
01. 夢であいましょう(作詞 永六輔 作曲 中村八大)※歌 坂本スミ子 朗読 黒柳徹子
02. 女ひとり(作詞 永六輔 作曲 いずみたく)
03. 帰ろかな(作詞 永六輔 作曲 中村八大)
04. 故郷のように(作詞 永六輔 作曲 中村八大)
05. 黄昏のビギン(作詞 永六輔 作曲 中村八大)
06. 芽ばえて、そして(作詞 永六輔 作曲 中村八大)
07. おさななじみ(作詞 永六輔 作曲 中村八大)
08. ふ(作詞 永六輔 作曲 さだまさし)
09. 娘よ(作詞 永六輔 作曲 中村八大)
10. ウェディング・ドレス(作詞 永六輔 作曲 中村八大)
11. 見上げてごらん夜の星を(作詞 永六輔 作曲 いずみたく)
12. 上を向いて歩こう(作詞 永六輔 作曲 中村八大)
13. 遠くへ行きたい(作詞 永六輔 作曲 中村八大)
14. 生きるものの歌(作詞 永六輔 作曲 中村八大)
15. 夢であいましょう(作詞 永六輔 作曲 中村八大)

最終更新:10/13(木) 10:00

オリコン

なぜ今? 首相主導の働き方改革