ここから本文です

もう”振り向けばプリウス”で驚かない:「車両接近通報装置」義務化

投信1 10/12(水) 12:15配信

ハイブリッド車やEV等に車両接近通報装置の装着が義務化へ

10月6日、国土交通省(以下、国交省)は、道路運送車両の保安基準等を改正し、ハイブリッド自動車及び電気自動車等に対し、歩行者等に自動車の接近を音で知らせる「車両接近通報装置」を義務付けることを正式に発表しました。

今回の規制をかいつまんで言うと、ハイブリッド車やEVといった次世代エコカーの走行時の静粛性が著しく高いため(低速時では騒音をほとんど出さない)、高齢者や聴覚障害者の交通事故が増加していることを勘案し、ガソリン車と同じレベルの走行音を出して周囲に接近を知らせる装置の装着を義務付けるということです。

ふと振り返ると「プリウス」が接近していたという経験

皆さんも、狭い路地を歩いている時、後ろに何かを感じて振り返った時に、トヨタ自動車「プリウス」のようなハイブリッド車が間近に迫っていたという経験はありませんか?  歩道がガードレールで区切られているような都心部の道路ではあまりないと思いますが、郊外や地方の狭い路地では、よくある話なのです。

実は、この件は以前からネット上でたびたび問題になっていました。ただ、それはどちらかと言うと、日本の次世代エコカーの静粛性を高く評価するような内容でした。また、自動車メーカーも一部車種には自主的に音楽を流すような装置を付けていましたが、手動で切ることができるものでした。

今回の義務化の背景にある生活行動の大きな変化

今回、国交省がこうした接近通報装置の装着義務化へ踏み切った背景には、日本社会の大きな変化があると考えられます。

先ず挙げられるのが、高齢化の進展です。何歳から高齢者と呼ぶのかは議論がありますが、高齢化に伴って聴覚や視覚は確実に減退していきます。また、仮に聴覚や視覚が衰えていないように見えても、耳や眼で得た情報を脳神経に伝達する機能は、高齢に伴って衰えていくと言われています。

高齢者が増えてくれば、静粛性の高い次世代エコカーとの接触人身事故が増加するのは当然と言えば当然かもしれません。

また、近年は高齢者による自動車運転事故が増加し、高速道路での逆走や歩道での高速走行など、明らかに老化による感覚麻痺が原因の事故も目立ち始めています。

そのため、各自治体では高齢者に対して、様々なクーポン券配布や代替サービス交付(運行バスの無料パス等)などにより、運転免許証の返上を奨励しています。その結果、街中を歩行する高齢者が増えていると推測されています。

1/2ページ

最終更新:10/12(水) 15:30

投信1

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。