ここから本文です

【ブラジル】16年の小売り5.1%縮小=ACSP予想

サンパウロ新聞 10/12(水) 1:29配信

 サンパウロ商業会(ACSP)はブラジル全体の2016年の限定的小売り(varejo restrito)、つまり自動車及び建材を含まない小売りのボリュームは、前年実績よりも5.1%小さなものになるとみている。この落ち込み幅は15年に記録した前年比4.3%減よりも大きく、同会のアレンカル・ブルチ会長は「低下が止まったものの依然として非常に低い踊り場にとどまっている消費者の景況感の反映」だとしている。伯メディアが9月29日付で伝えた。

サンパウロ新聞

最終更新:10/12(水) 1:29

サンパウロ新聞