ここから本文です

ベッキー、「ワイドナ」出演は正解? 坂上忍は「番組チョイス最高」と褒めるも……

トレンドニュース(GYAO) 10/12(水) 10:01配信

タレントのベッキーがフジテレビ系「ワイドナショー」で約5カ月ぶりの地上波テレビ出演を果たした。俳優の坂上忍は「番組のチョイスとしては最高」と語るなど、芸能界からもベッキーの「ワイドナショー」出演にさまざまなコメントが寄せられている。

ベッキー、突然のイベント出演に騒然>>

■ゲス川谷の話題もスルーせずコメント

ベッキーは10月9日放送の「ワイドナショー」で、5月13日に放送されたTBS系「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」以来約5カ月ぶりに地上波テレビに出演。ゲスの極み乙女。のボーカル・川谷絵音の活動自粛にコメントを求められても逃げようとすることなく、「世間の皆様の厳しい目の中でお互い生活していたと思うんですけど、その中でこういった行動をしてしまったということは、未然に防げたんじゃないか」とコメントした。

ここから本格復帰となるのか、それとも厳しい状況がまだ続くのか。その先は誰にもわからないが、なんにせよベッキーが再び地上波に姿を現したというのは大事件。芸能人からもさまざまな意見が出ている。

■坂上忍は「番組のチョイスとしては最高」

まず俳優の坂上忍は、「ワイドナショー」に出演したというのに感心する。翌10日放送の同局系「バイキング」で、「番組のチョイスとしては最高」と語った。さらに同番組でベッキーをイジッた松本人志、東野幸治、ヒロミたちの腕前を称賛し、「チョイスとしては最高だったし、あの3人にイジられたらこのあと楽でしょ」と「ワイドナショー」出演が今後のベッキーにとってプラスに働くとの考えを示した。

このように坂上は久々の出演番組として「ワイドナショー」を選んだベッキー側に感心していたが、悔しいのは裏番組であるTBS系「サンデー・ジャポン」だ。9日放送の「サンデー・ジャポン」では、裏番組にベッキーが出演していることが話題に上った。その際に、「あなたがあっち(フジテレビ)に行けば」とイジられたベッキーの事務所の先輩であるお笑いタレント・カンニング竹山は、カメラに向かって「(事務所が)つらいときに頑張ったのは俺だぞ!」とベッキーに訴えるようにキレてみせた。

またフリーアナウンサーの小倉智昭も坂上と同じ意見だ。10日放送のフジテレビ系「とくダネ!」で、「周りの出演者にも恵まれて、とても良い雰囲気でしたね」とベッキー出演の「ワイドナショー」についてコメント。「良いタイミングで出たのかなと思う」「ベッキーさんにとってプラスになったけど、マイナスにならない番組だった」と太鼓判を押した。

■一方、厳しい意見も……

一方、ベッキーに対して厳しい意見もある。お笑いタレントのなるみは10日放送の「バイキング」で、「キレイなまま帰ってきたね。奥さんの立場で見ると、『キレイなまんまやん』って。もうちょっと落ち込むとか。仕上がって出てきた」とチクリと刺した。

また10日放送のTOKYO MX「バラいろダンディ」もベッキーへの辛口コメントが多かった。漫画家の倉田真由美氏が「奥歯にものが挟まったような感じがいつまでもあるのよね」と指摘すると、女優の遠野なぎこも「優等生キャラが抜けていなかったですよね」と同意する。関谷亜矢子アナが「もともとが優等生なんですよ」とフォローを入れたが、遠野は「優等生が不倫しますか!?」とバッサリ切った。

なお松本人志が今年5月放送の「ワイドナショー」で、「今までの“ベッキー”の感じで来られると、正直ちょっとイラッとするかも」とぶっちゃけた通り、ベッキーの再起における重要なキーワードは、優等生キャラからの脱皮だと見られている。それでいくと、「ワイドナショー」に出演してスキャンダルネタでイジられたのは第1歩としてはまずまずだとしても、“脱皮”となるとまだ弱い……ということなのかもしれない。

(文/原田美紗@HEW)

最終更新:10/12(水) 10:01

トレンドニュース(GYAO)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]