ここから本文です

正しく使って救命 AEDの講習会/富山

チューリップテレビ 10/12(水) 9:30配信

 秋のスポーツシーズンに向け富山市では心肺蘇生法などを学ぶ救命救急の講習会が開かれました。

 これは、富山市消防局の普通救命講習の一環として行われ、富山セントラルライオンズクラブのメンバーが参加しました。
 11日は、富山市消防局の救急救命士が講師とつとめ人形を使って心臓マッサージや自動体外式除細動器AEDの使い方について学びました。
 富山市消防局によりますと消防が連絡を受けてから救急車が現地に到着するまでの時間は全国平均でおよそ8分、患者が心肺停止してから1分経過するごとに生存率が7から10パーセント落ちるということです。
 参加者は、AEDの使用手順を確認しながら緊急時の対応への理解を深めていました。

チューリップテレビ

最終更新:10/12(水) 9:30

チューリップテレビ