ここから本文です

訪日外国人の宿泊施設への宿泊数が43カ月ぶりに減少、一方、九州地方は全体で2.8%減まで回復 ―宿泊旅行統計(2016年8月速報)

トラベルボイス 10/12(水) 11:30配信

観光庁は2016年7月(第2次速報)と8月(第1次速報)の宿泊旅行統計調査の結果を発表した。7月の延べ宿泊者数は前年比0.4%減の4461人泊、8月は1.0%減の5587万人泊といずれもマイナス遷移となっている(8月の数値は10月31日公表予定の第2次速報値で変更となる)。

【画像】宿泊施設の延べ宿泊者数と稼働率の推移

宿泊者数の内訳は、7月は日本人が2.0%減の3762万人泊、外国人が8.9%増の698万人泊。8月は日本人が0.9%減の4994万人泊、外国人が1.8%減の593万人泊となる見通し。外国人延べ宿泊数は2013年2月以降42カ月連続で前年比プラスだったが、マイナスに転じることになる。また、震災の影響を受けた九州地方に関しては5月の18.4%減から6月は7.7%減、7月は2.8減まで回復している。

客室稼働率では、7月は全体で61.9%、8月は69.5%。詳報のある7月について80%を超えた都道府県はシティホテルが11か所、ビジネスホテルが6か所、リゾートホテルが4か所で、いずれも前年同月よりも減少傾向となった。

ただし、大阪府は高水準で継続。シティホテルが91.1%、ビジネスホテルが89.5%、リゾートホテルが88.4%となり、いずれも全国でもっとも高い結果に。旅館は東京の68.4%が最高だった。九州は全体で57.1%となり前年より0.4ポイント減少。大分、宮崎、鹿児島のみがプラスに転じている。

トラベルボイス編集部

最終更新:10/12(水) 11:30

トラベルボイス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。