ここから本文です

自動ブレーキで事故が7割減!ボルボの搭載車/非搭載車で事故率に大きな違いが!

オートックワン 10/12(水) 15:07配信

自動ブレーキ搭載車/非搭載車の事故件数を比較

日本国内でのボルボ車で、オートブレーキ・システム搭載車は非搭載車に比べ、対人事故件数は58.6%少なく、追突事故件数は76.5%少なく、全ての事故発生件数において69.0%少なくなっているという結果が出た。

このニュースの写真を見る

ボルボ・カー・ジャパンは、ITARDA(公益社団法人 交通事故総合分析センター)が保有する情報を基に、2009年から2015年に日本国内で新規登録されたボルボ車で、オートブレーキ・システム搭載車と非搭載車の事故発生件数を比較調査した。

今回の調査は、2009年から2015年に日本国内で新規登録されたオートブレーキ・システムを搭載するボルボ車6万585台と、同システム非搭載のボルボ車1万8823台を対象とし、ITARDAが保有するデータを基に、ボルボ・カー・ジャパンが独自に算出したものである。

ボルボは2009年、国内で初めて、完全停止するオートブレーキをXC60に標準装備して以来、歩行者検知機能、サイクリスト検知機能の導入、また2016年1月には右折時対向車検知機能の導入と、段階的に機能を向上させてきた。

また、2014年にはオートブレーキを含む10種類以上の先進安全機能、「インテリセーフ」の全車種・全グレードへの標準装備化を実現。ボルボは「2020年までに、新しいボルボ車に乗車中の事故における死者・重傷者をゼロにする」という安全目標「Vision2020」を掲げ、安全技術の開発に取り組んでおり、日本においても着実な歩みをすすめている。

最終更新:10/12(水) 15:10

オートックワン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。