ここから本文です

普電工・明賀会長、内外で懸念材料

日刊産業新聞 10/12(水) 11:06配信

 普通鋼電炉工業会の明賀孝仁会長(合同製鉄社長)は11日、定例の記者会見を開き、「8月の建築着工床面積は比較的高い水準であるものの、構造別で見ると鉄骨造の伸びが大きく、鉄筋コンクリート造は低位。居住用では首都圏を中心にマンション建設に陰りが見られ、鉄筋コンクリート造は7月から大きく落ち込み、8月の住宅着工では鉄骨造が鉄筋コンクリート造を超えており、ショックを受けている。統計を見る限り、そろそろ回復しても良い頃だが、上り調子の山の動きが実際の鉄筋出荷に表れていない」と分析した。

最終更新:10/12(水) 11:06

日刊産業新聞

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。