ここから本文です

シーア派襲撃で14人死亡 アフガン首都、アシュラ行事狙い

AFPBB News 10/12(水) 9:52配信

(c)AFPBB News

【10月12日 AFP】アフガニスタンの首都カブール(Kabul)で11日夜、イスラム教シーア派(Shiite)の祭日「アシュラ(Ashura)」の行事に集まっていた信者らを武装集団が襲撃し、少なくとも14人が死亡した。

 アシュラは預言者ムハンマド(Mohammed)の孫に当たるフセイン師(Imam Hussein)の死を悼む日で、シーア派にとって最も重要な祭日の一つ。

 内務省報道官によると、この襲撃により36人前後が負傷し、実行犯のうち少なくとも1人が死亡したという。

 当局によれば、カブール大学(Kabul University)に近いカルテ・サヒ(Karte Sakhi)の廟(びょう)に特殊部隊が入り、内部に実行犯が隠れていないかどうかを確認。また警察は、現場周辺から人々を避難させた。

 死者のうち13人は一般市民で、1人は警察官だった。犯行声明は今のところ出されていない。

 今回の襲撃事件は、旧支配勢力タリバン(Taliban)が政府軍に対し攻勢をかける同国での治安悪化を改めて浮き彫りにした。映像は病院で治療を受ける負傷者と現場。(c)AFPBB News

最終更新:10/12(水) 9:52

AFPBB News