ここから本文です

男子高校生の宝塚「カヅラカタ」が素晴らしい その狙いは?

BuzzFeed Japan 10/12(水) 17:00配信

東海高校カヅラカタ歌劇団の舞台が、レベルが高すぎと話題になっています。【BuzzFeed Japan / 播磨谷拓巳】

あの人も!? 金八先生の教え子だった女優たち

カヅラカタ歌劇団は、東海中学・高校の中学1年生~高校2年生の有志で結成されたもの。同校は男子校なので、団員はすべて男子生徒です。また、東海高校は9年連続で、国公立大学医学部への合格者が日本一。

本公演は、今年で14年目を数える歴史あるもの。2012年には、ドラマ化もされるほど話題になりましたが、なぜ男子生徒が宝塚を……? BuzzFeed Newsは、顧問の久田光政先生にその狙いを聞きました。

きっかけは、ウォーターボーイズ?

「14年前の文化祭実行委員長が、文化祭を盛り上げる企画として、当時話題になっていた『ウォーターボーイズ』をリスペクトし、ウォーターボーイズではないウォーターボーイズ的なものとして、男子生徒による宝塚ミュージカルを思いついたのがきっかけです」

初期メンバーの10人ほどの男子生徒たちは、春休みに学生服姿で宝塚大劇場へ行き、宝塚ミュージカルを観劇。周りの客からは、かなり好奇の目で見られたそう。

初めてみた宝塚に感動した生徒たちは、「やるからには真面目に、本気に」をモットーにし、カヅラカタの歴史は始まりました。

団員はすべて演技もダンスも素人。本家、宝塚のDVDなどを見て、真似るところから始まります。

ほかの部活と兼任する生徒もおり、なんとか人数を揃えて公演ができるようにしてきました。

今年のエリザベートのほかにも、過去の演目には「ベルサイユのばら」、「ナポレオン」「ロミオとジュリエット」、「ファントム」、和物の「竜馬伝」など。

そこまで宝塚にこだわる理由は、「宝塚愛だから(笑)」と久田先生。

「宝塚は女性が演じますよね。それを、男子生徒が行うことに意味があると思うんです。だから、宝塚を逆さから読んだ『カヅラカタ』と命名し、劇団四季は絶対やらないんですよ(笑)」

1/2ページ

最終更新:10/12(水) 17:00

BuzzFeed Japan