ここから本文です

【ツール・ド・ちば2016】風光明媚なコース疾走 笑顔で完走「また来年」

千葉日報オンライン 10/12(水) 12:12配信

 千葉・北総エリアの日本遺産4都市を駆け抜けるサイクリングイベント「ツール・ド・ちば2016」(同実行委員会主催)が10日、閉幕した。最終日のコースは銚子市から成田市までの約93キロで、参加者らは太平洋沿いや、江戸時代の街並みが残る香取市内を巡った。

 銚子市内を出発した参加者は、ジオパークにも登録されている屏風ケ浦付近を通過。日本遺産4都市目の香取市を目指して北上した。かつて水運で栄えた同市の小野川沿いで江戸情緒を体感すると、ゴールの成田市を目指して利根川沿いを快走した。

 エイドステーションで豚丼やイチゴ、甘酒など“千葉の味”も堪能した参加者ら。最終ゴール地点では完走証を手に互いの健闘をたたえ合い、来年秋の大会での再会を誓った。

最終更新:10/12(水) 12:12

千葉日報オンライン