ここから本文です

山猿の新曲「DREAMER」に杉村太蔵が熱血教師役として初MV出演

E-TALENTBANK 10/12(水) 17:29配信

福島在住で音楽活動をしており現在7曲連続で新曲が配信チャート1位を獲得している山猿の最新曲「DREAMER」のMVに元衆議院議員の杉村太蔵が初のMV出演した。

今回の「DREAMER」はEDMサウンドにノリやすいビート感と力強い歌詞の世界観のある楽曲で挫折をしてもいくつになっても夢に向かう後押しをしてくれると話題になっており、着うた(R)配信直後に配信チャートでJY、RADWIMPS、安室奈美恵に次いで総合4位を獲得したばかりだ。

そんな新曲「DREAMER」のMVで杉村太蔵が演じるのは熱く夢を語る熱血教師役。撮影現場では気さくに声をかけ周囲を盛り上げていたが、いざ、カメラが回って熱血教師として授業を始めると表情がガラリと変わり、まるで選挙戦本番さながらの迫力ある演説を繰り広げ、作品に大きな説得力を添えている。

楽曲を聴いた杉村は「(山猿の新曲DREAMERは)もちろん、若い方々、学生さんにも聴いて欲しいんだけど、ホント僕は改めて夢を持つことの大切さとか目標に向かって頑張るだとか心の底から、胸の内からフツフツって湧いてくる情熱みたいなものが、曲を聴いていてわいてきて、「頑張ろう」って元気をもらえたっていうか、それが山猿のメッセージの強さだと思う。なんかムシャクシャしていたり、不安だったり焦っていたりいろんな悩みがあると思いますが、そういった悩みを抱えている人たちに是非聞いてもらって、もう一回頑張るぞ!って気持ちを山猿からもらってほしい」と熱く語った。

10月26日に自身初となるベストアルバム「超あいことば-THE BEST-」を発売する山猿の新曲「DREAMER」は本日から超先行配信が開始する。ベストアルバムに先駆けた山猿の配信と共にベストアルバムへの期待が更に高まる。

最終更新:10/12(水) 17:29

E-TALENTBANK